ライヴ・アット・ラウンドハウス
2020.04.22
アルバム
¥5,000+税
SICP-31363 ~ SICP-31365
HEARTBEAT FROM PINK FLOYD
購入・ダウンロード

>

DISC 1

  • 1. Interstellar Overdrive/星空のドライブ(1967『夜明けの口笛吹き』)
  • 2. Astronomy Domine/天の支配(1967『夜明けの口笛吹き』)
  • 3. Lucifer Sam/ルーシファー・サム(1967『夜明けの口笛吹き』)
  • 4. Fearless /フィアレス(1971『おせっかい』)
  • 5. Obscured by Clouds/雲の影(1972『雲の影』)
  • 6. When You’re In/ホエン・ユーアー・イン(1972『雲の影』)
  • 7. Remember A Day/追想(1968『神秘』)
  • 8. Arnold Layne/アーノルド・レイン(1967 1st Single)
  • 9. Vegetable Man/ヴェジタブル・マン(アルバム未発表、The Early Yearsで初収録)
  • 10. If/もしも(1970『原子心母』)
  • 11. Atom Heart Mother/原子心母(1970『原子心母』)
  • 12. If(reprise)/もしも(reprise)(1970『原子心母』)
  • 13. The Nile Song/ナイルの歌(1969『モア』)

DISC 2

  • 1. Green Is The Colour/グリーン・イズ・ザ・カラー(1969『モア』)
  • 2. Let There Be More Light/光を求めて(1968『神秘』)
  • 3. Childhood’s End/大人への躍動(1972『雲の影』)
  • 4. Set The Controls For The Heart Of The Sun/太陽讃歌(1968『神秘』)
  • 5. See Emily Play/シー・エミリー・プレイ(1967 2nd Single)
  • 6. Bike/バイク(1967『夜明けの口笛吹き』)
  • 7. One Of These Days/吹けよ風、呼べよ嵐(1971『おせっかい』)
  • 8. A Saucerful Of Secrets/神秘(1968『神秘』)
  • 9. Point Me At The Sky/青空のファンタジア(1969 5th Single)

DISC 3

  • インロトダクション
  • 星空のドライブ
  • 天の支配
  • ザ・ヒストリー
  • ルーシファー・サム
  • フィアレス
  • 雲の影
  • ザ・バンド
  • 追想
  • アーノルド・レーン
  • ヴェジタブル・マン
  • ザ・ヴェニュー
  • もしも/原子心母
  • ナイルの歌
  • グリーン・イズ・ザ・カラー
  • 光を求めて
  • ザ・パフォーマンス
  • 大人への躍動
  • 太陽讃歌
  • シー・エミリー・プレイ
  • バイク
  • 吹けよ風、呼べよ嵐
  • ザ・フューチャー
  • 神秘
  • 青空のファンタジア
  • ●ボーナス映像
  • バンド・インタビュー:ニック・メイソン
  • バンド・インタビュー:ニック・メイソン
  • クレジット
  • バンド・リハーサルズ
  • バンド・インタビュー:ドム・ビーケン
  • バンド・インタビュー:ゲイリー・ケンプ
  • バンド・インタビュー:ガイ・プラット
  • バンド・インタビュー:リー・ハリス

2019年5月20日にロンドンの伝説的なコンサート会場ラウンドハウスで収録されたライヴ映像と音源が、2CD+DVD、Blu-rayでリリース。(2LPは輸入盤のみ)

ピンク・フロイドのドラマー、ニック・メイスンがピンク・フロイドのツアーメンバーらとともに結成したスーパー・グループ、「ニック・メイスンズ・ソーサーフル・オブ・シークレッツ」。2019年5月にロンドンの伝説的なコンサート会場ラウンドハウスで行われたライヴを2CD+DVDとBDでリリース。DVD,BDのボーナス映像にはには各メンバーのインタビュー(日本語字幕付)を収録。『神秘(A Saucerful Of Secrets)』をバンド名に冠し、シド・バレット時代の曲を中心に1967年から1972年までの楽曲を演奏。ピンク・フロイドがライヴで一度も演奏することのなかった楽曲も含め、ピンク・フロイド初期以降滅多に取り上げられることのなかった楽曲に新たな息吹を吹き込んでいる。

 

バンド・メンバー:ピンク・フロイドのニック・メイスン(ドラム)とともに、『鬱』ツアー以降のピンク・フロイドに参加したガイ・プラット(ベース)、スパンダー・バレエのゲイリー・ケンプ(ギター)、ザ・ブロックヘッズのリー・ハリス(ギター)、ジ・オーブやリチャード・ライトと共同作業を行ったドム・ビーケン(キーボード)といった、強者揃いの5人組。

【仕様】
■2CD+DVD
■日本盤のみの特典ポスター封入
■英文ライナー翻訳・解説・対訳付

■日本語字幕付
■特殊パッケージ




購入・ダウンロード

×

CDを購入